インプラント
IMPLANT

南町田の歯医者・歯科【南町田歯科クリニック】
平日20時/土曜日も診療/駐車場5台完備

042-706-8095

東京都町田市南町田2丁目2番7号

南町田歯科クリニックの
インプラント治療

説明の丁寧さ・治療の実績もちろんですが治療後も長くカバーできる歯科医院を選択するも大事な医院選びのポイントになります。

 インプラント治療とは

歯は「歯冠(表に表れている部分)」「歯茎部(歯ぐき部分)」「歯根(骨に埋まっている部分)」でできています。歯根まで失った時にとられる処置としては、「入れ歯」や「ブリッジ」などを採用するケースがほとんど。また、そのまま放置される方も多いようです。

しかし、「入れ歯」や「ブリッジ」の場合「見た目が美しくない」「かたいものが食べられないうえ、美味しくない」「何度も作り直さなければならない」などといった問題が起きることがあります。また欠損したまま放置した場合には、周囲の歯に大変悪い影響を及ぼします。そこでインプラントの登場です。

インプラントとは、ご自分の歯と同じように自然に噛める「人工歯根治療」のことです。「入れ歯」や「ブリッジ」とは異なり、審美性、耐久性、噛む力など全ての点において優れた「第2の歯」と言っても過言ではありません。

インプラントは長年研究が重ねられ、精度の高い治療法として国際的に浸透しており、埋め込み、骨と強固に結合させ、それを土台にして自然の歯と同じような歯を取り付けることによって、自分の歯とほとんど同じ感覚が取り戻すことができます。力強く噛め、顎の骨にもきちんと刺激が伝わるので、自然の歯のような食感、美味しさを感じることができます。

1本の歯を失った場合でも、全部の歯を失った場合でも、それぞれの症状に合せたきめ細かい治療が可能なことも、インプラントが世界的に広がりを見せている理由です。

インプラント治療がなぜ高額なのか

インプラントは基本的に保険適応されない治療です。これはインプラント治療に審美目的があるからです。例え歯を失っていたとしても、審美性のあるインプラントは最低限の治療とは言えず、健康保険の対象外になるのです。

そもそも健康保険適応となるのは健康を維持するための最低限の治療のみです。さらに外科手術となりますので訓練と知識が必要になります。どの歯科医師でもインプラント治療ができるわけではありません。

インプラント治療は、同じ歯科でも虫歯の治療などとは違い、健康保険が適用されない自由診療です。このため、歯科医院によって治療費はそれぞれ異なります。リーズナブルさを売りにする歯科医院もありますが、平均的にはインプラント1本あたり約30万円~が一般的な治療費です。

治療費はインプラント治療に使用する材料のメーカー、品質等によって大きく異なります。費用の安さだけで決めるのではなく、事前の初診相談時に医院や医師の信頼性、費用の内訳についてきめ細かく確認することが大切です。格安な歯科医院にはそれなりの理由がありますのでお話を聞いて患者様自身の判断で歯科医院を選択してください。

「私は総入れ歯だけど、全部の歯をインプラントしなければならないの?それなら莫大な費用が掛かるのでは?」

「私は2ケ所をブリッジにしているけど、それだと計6本もインプラントにしなければいけないの?」

このようにお考えの方も多いことでしょう。連続した複数の歯を失い、現在、入れ歯やブリッジで対応されている方は全ての歯にインプラントを埋入しなくても、しっかり噛めるようになる治療方法があります。インプラントの埋入本数を少なくすることができるので、比較的費用が抑えられます。

インプラントが難しいケース

高血圧/心疾患/糖尿病/肝硬変/腎不全/喘息/慢性閉塞性肺疾患/血液疾患/出血性素因/精神疾患/糖尿病/肝硬変/腎不全/骨粗鬆症/膠原病
精神疾患/ビスフォスフォネート系薬剤,ステロイド薬,免疫抑制剤などの服用/不良な骨質 骨量不足/埋入部位への放射線治療/不良な口腔衛生状態/パラファンクション/口腔乾燥/喫煙/クラウン−インプラント長比率/角化粘膜の不足/精神疾患/顎領域の運動麻痺・痙攣/バーティカルストップの欠如 /アンテリアガイダンスの欠如 /垂直的顎間距離の不足/Biotype が thin type の粘膜/高い審美性の要求/高いリップライン/顎関節症

※インプラントのみに限らず歯医者で治療をする際にご注意いただく必要がある全身疾患です。

インプラントのメリット/デメリット

納得のインプラント治療のために、
長所を短所をご説明します。

メリット ・ 審美性が向上し自然と笑顔に
・ 噛み合わせが良くなり食事が美味しくなるため健康に
・ メンテナンスをしっかりすれば長期的に使用可能
・ 義歯はブリッジと違いインプラント体が歯根の役割をして骨が痩せるのをふせぐ効果あり
デメリット ・ 口腔内状態や全身状態によってはお断りする場合あり
・ 保険が適用されないため自費治療となる
・ 外科手術が必要

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れをご説明します。

1. 初診と治療計画
(インプラント治療の説明と相談)

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法にも様々な選択肢があります。骨に掛かる力の方向や強さはもちろん、患者様に無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画書が立てられます。

2. 検査
(病歴、健康状態の問診、CT検査)

これまでかかった病気、現在の健康状態などを問診や検査結果などで確認します。その後口腔内検査、CT検査等をおこないます。

3. 一次手術
(インプラント歯根部植立)

顎の骨にインプラントを埋め込みます。この手術は局所麻酔(普通の歯科治療で使う注射の麻酔)でおこないます。簡単なものでは抜歯程度の手術と感じるくらいです。

4. 抜糸
(手術部位の経過観察)

一次手術後、約1~2週間ほどで抜糸し、手術部位の経過観察をおこないます。

5. 安静期間

個人差はありますが、2~6ヶ月の治癒期間を置くことでインプラントが骨と強い力で結合するのを待ちます。(オッセオインテグレーション)

6. 2次手術

歯茎をほんの少し開いて白い歯をかぶせるための支柱(アバットメント)をつくる準備をしていきます。(主にヒーリングアバットメント装着)

7. 印象採得

被せ物をするための型取り(印象採得)をして支柱および被せ物を製作し、1~2週間後被せ物を取り付けます。

8. メンテナンスと定期検診

インプラント周囲および口腔内の定期検診をすることでインプラント・歯茎・噛み合わせを守っていきます。

インプラント 寿命について

10年以上問題なく機能する確率は9割を超えています。

適切なメンテナンスができていればそれ以上長く使っていただけると考えます。まだインプラント治療が実用化がされたのが1965年ですが、最初に施術された方は亡くなるまで41年間問題なく機能し続けたといいます。

インプラント治療費

下記料金表の金額は、全て税抜き価格になっております。

1次手術 18万
2次手術 2万
上部構造物 10万〜15万
トータル 30万〜35万